ビューティコラム

医療脱毛とエステ脱毛はどう違う?効果の現れ方や使用機器まで徹底比較!

脱毛の基礎知識  2019.05.13

クリニックや病院で受ける医療脱毛とエステサロンで受けるエステ脱毛は、似ているようで様々な部分が異なります。一概に、どちらの方がいいとは言えませんが、心身への負担を考えると、医療脱毛がおすすめです。ここでは、医療脱毛とエステ脱毛の違いについて、効果の現れ方や使用している機器、安全性などに分けて詳しく解説します。

永久脱毛できるのは医療脱毛

「永久脱毛」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。そのままの意味を考えると、「永久にムダ毛が生えてこなくなる」と思いがちですが、「最後の脱毛の施術から1ヵ月後に生えてくる毛の再生率が20%以下」が正しい定義です。

実際のところ、永久脱毛を受けることで、ほぼ完全にムダ毛が生えなくなるのですが、まだまだデータが蓄積していないため、半永久的な効果があるかどうかがわからないのです。

 そして、永久脱毛できるのは医療脱毛です。エステ脱毛は、永久脱毛ではなく、広告に「永久脱毛できる」と記載することも法律で禁止されています。

医療脱毛とエステ脱毛の効果の違い

医療脱毛とエステ脱毛は、どちらも毛の黒い色素であるメラニンに反応するレーザーを当てて、熱によって発毛組織に影響を与える方法です。異なる点は、発毛組織に対するダメージの程度です。発毛組織を破壊するような施術は、医師が常駐する医療機関でなければ行えません。

そのため、医療脱毛が発毛組織を破壊することに対し、エステ脱毛は発毛組織にダメージを与えるだけとなっているのです。

発毛組織を破壊できることで、永久脱毛が可能になります。エステ脱毛では、発毛組織を破壊できないため、いずれムダ毛が再び生えてくると考えられます。

使用する機器の違い

医療脱毛では、高出力のレーザー機器を使用します。そのため、発毛組織を破壊できるのです。エステ脱毛では、美容ケアにも用いられる低出力のレーザー機器を使用します。光脱毛と呼ばれており、家庭で使用することが認められているほどに低出力のため、発毛組織に十分なダメージを与えられません。

一時的に毛の量を減らすことはできても、完全に生えなくすることはできないのです。

脱毛にかかる回数と期間の違い

医療脱毛とエステ脱毛は、どちらも1回の施術でムダ毛をなくすことはできません。医療脱毛は、約58回、約12年、エステ脱毛は約1230回、約25年かかります。脱毛の施術は、連続して受けることができません。

毛の生え変わりの周期である毛周期のうち、毛が成長するタイミングでしか脱毛効果を得られないためです。毛周期は、部位や年齢などで異なりますが、約24ヶ月のサイクルとなっています。そのため、約5回の施術でも約1年は通うことになります。

価格の違い

以前は、エステ脱毛よりも医療脱毛の方が明らかに高かったのですが、今では大きな差はみられません。1回あたりの施術料金は、医療脱毛の方が高い傾向があります。しかし、エステ脱毛は医療脱毛の約2~4倍もの施術回数が必要なため、総費用で見ると違いはほとんどありません。

また、医療脱毛とエステ脱毛は、どちらもローンを組めます。クレジットカードの分割払いにも対応しているケースが多いなど、価格の高さや支払い面で優劣はつけられません。

痛みの違い

医療レーザーは高出力のため、光脱毛よりも痛みを感じやすくなっています。ただし、光脱毛でも痛みを感じます。ここで重要なのは、痛みをどのように対処するかです。エステサロンは医療機関ではないため、冷やしながら照射することしかできません。医療脱毛であれば、麻酔クリームを使い、痛みを抑えられます。

安全性の違い

医療レーザー機器は、光脱毛器よりも高出力のため、それだけトラブルが起こりやすくなっています。レーザーの熱で肌に赤みやヒリヒリ感などが起こる可能性があります。しかし、光脱毛器でも同じようなトラブルが起こる恐れがあるのです。

医療脱毛とエステ脱毛は、どちらも肌の状態を見つつ出力を調整しなければなりません。医師や看護師は、専門知識と経験によって肌の状態を見極めることができますが、エステ脱毛の施術者は医療従事者ではなく、肌の状態を適切に見極めることが困難です。 その結果、出力調整を誤り、肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

肌トラブルが起きたときの対処法の違い

重要なのは、もし肌トラブルが起きたときに、どのような対処ができるかです。医療脱毛で肌に炎症が起きたときは、抗炎症薬などを処方できます。しかし、エステサロンは医療機関ではないため、薬の処方は禁じられています。

保湿ケアや冷やすといった行為しかできないため、肌トラブルは自分で対処することになるのです。光脱毛器の出力では起こる心配は少ないものの、強い炎症が起きてしまうと、色素沈着も懸念されます。 これらを踏まえると、肌トラブルが起きたときの対処については、医療脱毛が優位に立ちます。

立地の違いはなくなってきている

エステサロンは駅の近くや繁華街に店舗を構えることが多く、立ち寄りやすくなっています。以前は、医療脱毛を受けられるクリニックや病院の立地は良いものとは言えませんでしたが、今では駅から近い場所にある医療機関がたくさんあります。 そのため、アクセスで医療脱毛とエステ脱毛を比べることはできません。

予約の取りやすさの違い

人気のエステサロンは、なかなか自分の希望通りに予約をとれません。また、待ち時間が長く、混雑した待合室で順番が来るまで待つことになります。医療機関は、それほど混雑することはなく、予約も希望通りに取りやすくなっています。

人気のエステサロンは、CMや雑誌掲載などに積極的に取り組んでいることで知名度が高くなっているだけのため、必ずしも施術が優れているとは限りません。使用している機器が光脱毛器であることに変わりはないため、早く脱毛できるといったこともないのです。

そのため、予約を取りにくいエステサロンを選ぶ必要はありません。 もちろん、クリニックを選ぶ場合でも、予約をとりづらいケースもあるため、事前に混み具合を調査した方がいいでしょう。

何を基準に医療脱毛とエステ脱毛を選ぶのか

何を基準に選ぶかは、人それぞれです。ただ、身体への負担やトラブルへの対処を考えると、医療脱毛がおすすめです。医師の監督のもとで脱毛の施術を受けられるため、安心できるでしょう。また、医療脱毛は早く脱毛完了となるため、「次の夏に間に合わせたい」といった場合は、医療脱毛を選ぶことをおすすめします。

まとめ

医療脱毛とエステ脱毛では、使用する機器も効果も全く異なります。永久脱毛したいのであれば、医療脱毛を受けましょう。また、医療機関は受診しにくいというイメージを持つ方もいますが、エステサロンと同様に、女性に配慮した対応を受けられます。医療脱毛であれば、短期間で脱毛完了となるため、忙しい日々を過ごす方でも受けやすいでしょう。

【記事監修】ウィクリニック 銀座院 院長
秋田 護(あきた・まもる)

医療脱毛なら業界最安クラスの ウィクリニック

ウィクリニックの全身脱毛は月々3,200円から。クリニック独自で開発している医療脱毛機を利用しているため、業界最安クラスの価格を実現しました。

料金・コースをみる