ビューティコラム

医療脱毛を受けるメリットは?あらゆる負担を軽減できる!

脱毛の基礎知識  2019.08.15

医療脱毛を受けることで、ムダ毛が生えてくる量を大きく減らせるため、様々なメリットがあります。光脱毛よりもメリットが大きく、あらゆる負担を軽減できることが特徴です。医療脱毛を受けるかどうか迷っている方は、全てのメリットを確認しておきましょう。

今回は、医療脱毛を受けるメリットについて、詳しく解説していきます。

目次

  • 1.永久脱毛できる

  • 2.ムダ毛処理の手間を減らせる

  • 3.ムダ毛処理のランニングコストを抑えられる

  • 4.ムダ毛処理による肌への負担を大きく減らせる

  • 5.ムダ毛のコンプレックスから解放される

  • 6.剃り残しの心配がなくなる

  • 7.埋没毛を解消できる場合がある

  • 8.光脱毛よりも短期間で脱毛できる

  • 9.クリニックであれば麻酔や抗炎症薬を使える

  • 10.まとめ

  • 永久脱毛できる

    医療レーザー脱毛は、永久脱毛の標ぼうが認められています。永久脱毛と言えば、永久的にムダ毛が生えてこなくなると想像しがちですが、永久脱毛は、米国電気脱毛協会にて次のように定義されています。

    「脱毛の施術から1ヵ月後の時点で、ムダ毛の再生率が20%以下」

    さらに、FDA(アメリカ食品医薬品局)では、医療レーザー脱毛の定義を次のように定めています。

    「3回の施術を受け、6ヶ月後の毛の量が施術を受ける前より67%以上減少している」

    医療レーザー脱毛は、合計5~6回程度施術を受けるため、実際にはさらに多くの毛の量が減少しています。

    ムダ毛処理の手間を減らせる

    医療レーザー脱毛を受けることで、ムダ毛が生える量を大幅に減らせるため、日々のムダ毛処理の手間を減らせます。毎朝処理している場合、医療レーザー脱毛を受けることで、朝の時間にゆとりを持てるようになるでしょう。

    それだけゆっくり起床できたり、少し遅くまで起きたりもできるため、より良い人生に繋がります。

    また、背中や首の後ろのムダ毛は、自分ではなかなか処理できません。鏡を使って処理するにしても、剃り残してしまう恐れがあります。友人や家族に処理してもらうにしても、状況によっては難しいでしょう。医療レーザー脱毛を受ければ、このようなわずらわしさを感じることもなくなります。

    ムダ毛処理のランニングコストを抑えられる

    ムダ毛処理には、シェーバーや電気シェーバーなどを使用しますが、いずれも消耗品です。定期的に刃を替えたり、故障したら買い替えたりしなければなりません。永久脱毛を受けて、ムダ毛を処理する頻度を大きく減らせれば、それだけ消耗も遅くなり、ランニングコストを抑えられます。

    脱毛と言えば、料金が高いイメージを持つ方もいますが、長期的な視点で考えると、脱毛した方がコストを抑えられるのです。それに加えて、ムダ毛処理の手間を減らすなど様々なメリットを得られます。

    ムダ毛処理による肌への負担を大きく減らせる

    ムダ毛処理をすると、少なからず肌がダメージを受けます。毛抜きや脱毛ワックスを使ってムダ毛を無理に引き抜くと、皮膚の下に毛が埋まる埋没毛になる心配もあるでしょう。正しくシェーバーや電気シェーバーで処理しても、肌の角質が傷ついて乾燥しやすくなったり、赤みやヒリヒリ感などのトラブルが起きたりする場合があります。

    また、ホルモンバランスの関係で、生理前は肌の調子が悪くなるため、肌トラブルが起こりやすくなります。場合によっては、肌の調子が良いときだけムダ毛処理をすることになるでしょう。

    ムダ毛が濃いために、仕方なく毎日のように処理している方は、さらに肌へのダメージが大きくなり、色素沈着やしわ、たるみなど様々なトラブルを招く心配もあるのです。医療レーザー脱毛でムダ毛処理の頻度を減らすことで、肌へのダメージを大きく減らせるため、美肌をキープしやすくなります。

    ムダ毛のコンプレックスから解放される

    ムダ毛が生えていると、自己処理するにしてもコンプレックスを感じる場合があります。処理する度に、自分がなぜムダ毛が濃いのかと悩み、ストレスが溜まってしまうのです。医療レーザー脱毛を受けることで、そのムダ毛が生えているところさえ、ほとんど見なくて済むようになります。

    ムダ毛のコンプレックスを解消でき、快適に過ごせるようになるでしょう。

    剃り残しの心配がなくなる

    自分でムダ毛を処理する場合、多少の剃り残しが懸念されます。鏡で見たときは気づかなくても、肉眼で近くから見ると気づく場合もあります。パートナーに剃り残しを指摘されたり、水着を着たときに周りの人に指摘されたりして、ショックを受けることもあるでしょう。

    脱毛してしまえば、そのような心配もなくなります。また、VIOに関しては、全て脱毛するのではなく、水着からはみ出ないように脱毛することも可能です。

    埋没毛を解消できる場合がある

    医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素に反応するレーザーを使用します。埋没毛は、皮膚の下に毛が埋まった状態のため、自分で取り除くことができません。そこで、医療レーザー脱毛を受けることで、埋没毛にもレーザーが反応し、熱によって解消できるのです。埋没毛は、間違ったムダ毛処理が原因のため、一か所に集中して発生します。

    ぽつぽつとした埋没毛が集中することで、見た目に支障をきたしてしまいます。毎日しっかりムダ毛処理しても、埋没毛があると、台無しになってしまうでしょう。医療レーザー脱毛を受けて埋没毛を解消させ、美肌を目指してはいかがでしょうか。

    光脱毛よりも短期間で脱毛できる

    光脱毛に使用するレーザーは、医療レーザー脱毛に使用するレーザーよりも低出力のため、脱毛に必要な回数が多く、長期間通うことになります。医療レーザー脱毛であれば、光脱毛よりも短期間で脱毛できるため、忙しくて長期間通うことが難しい方におすすめです。

    1回あたりの料金は医療レーザー脱毛の方が高い傾向がありますが、トータルの費用はほとんど変わりません。

    クリニックであれば麻酔や抗炎症薬を使える

    医療レーザー脱毛は、医療機関でなければ受けられません。また、脱毛の施術では照射時に痛みを感じるため、痛みへの対処が必要となりますが、サロンは医療機関ではないため麻酔を使用できないのです。クリニックで医療レーザー脱毛を受ければ、照射時の痛みに麻酔を使用できます。

    また、照射後は肌に赤みやヒリヒリ感が現れる場合がありますが、クリニックであれば抗炎症薬を使用できるため、症状を早期に改善できるのです。サロンでは、クーリングや保湿ケア程度の対処となるため、抗炎症薬は自分で入手しなければなりません。

    あまり強い炎症が起きてしまうと、炎症後色素沈着の心配があるため、クリニックで受けた方がいいと言えます。

    まとめ

    医療レーザー脱毛を受けることで、ムダ毛処理の手間や時間、コストを大きく減らせます。毎日、鏡を見ながら背中のムダ毛を処理することもなくなります。剃り残しをパートナーに指摘される心配もなくなり、ムダ毛に対する悩みを解消できるでしょう。医療機関でのみ受けられる医療レーザー脱毛は、光脱毛とは違い、永久脱毛の効果が認められています。早期に脱毛完了となるので、クリニックでの医療レーザー脱毛を前向きに検討してみてください。

    【記事監修】ウィクリニック 銀座院 院長
    秋田 護(あきた・まもる)

    医療脱毛なら業界最安クラスの ウィクリニック

    ウィクリニックの全身脱毛は月々3,200円から。クリニック独自で開発している医療脱毛機を利用しているため、業界最安クラスの価格を実現しました。

    料金・コースをみる