ビューティコラム

【医療脱毛】vio医療レーザー脱毛の痛みは?メリットデメリットも解説!

脱毛の基礎知識  2019.12.25

アンダーヘアの処理方法は気になるものの、なかなか人に聞けずに悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
デリケートゾーンは蒸れやすいだけに、清潔に保ちたいですよね。

今回は、VIO脱毛が気になるものの、痛みや肌荒れが不安で一歩が踏み出せない…という方に、VIO医療レーザー脱毛の痛みやメリットとデメリットについて詳しく解説します。
ぜひチェックしてみてくださいね。

VIOレーザー脱毛詳細
施術時間約20分
痛みレベル星4つ
顔脱毛のポイント・施術前に剃毛をお願いしています
・ほくろやしみは専用シールで保護します
施術範囲ビキニライン、Iライン、Oライン

1.デリケートゾーンvioってどこのこと?

デリケートゾーンとして知られるvioラインですが、具体的にはどの部分を指すのでしょうか?
実はvioとは、デリケートゾーンを形で表したものです。
vとはビキニラインのことです。足の付け根から腹部にかけて三角に見えるヘアー部分をいいます。
iとは陰部の両サイドの部分で、まっすぐのラインになっているアンダーヘアです。
oは肛門の周りを指します。
いずれも下着に包まれていることが多いので蒸れやかぶれが気になりやすい箇所です。
アンダーヘアを完全になくす「ハイジニーナ脱毛」は国内外のセレブが施術していることを公言し、話題になっているのでご存じの方もいるかもしれません。
全処理までいかなくても、それぞれのゾーンの形を整えたり毛量を減らす脱毛法もあり、「vio脱毛」「デリケートゾーン脱毛」などと呼ばれています。

2.vio医療脱毛のメリットとは?

アンダーヘアーの正しい処理法がわからないまま、なんとなく自分でやっているという方も多いのではないでしょうか。しかし繊細な箇所だけに肌を傷つけるリスクもあります。

vio医療脱毛のメリットはたくさんありますが、主に下記の通りです。

  • 衛生的
  • おしゃれの幅が広がる
  • 自己処理による肌トラブルの解消
  • 長期的に考えるとコスパが良い
  • 美しい見た目が手に入る

それぞれ詳しくご紹介するので、チェックしてみてくださいね。

2-1.衛生的になる

ただでさえ蒸れやすいデリケートゾーンですが、アンダーヘアは毛が太く量も多いため、経血や排泄物が残りやすく、菌が繁殖しやすい箇所でもあります。
毛量を減らすことで通気性が良くなり、衛生的に保ちやすくなりますが、自己処理すればカミソリ負けや埋没毛などの心配もあります。
衛生面を考慮するなら、医療機関でのvio医療脱毛がおすすめです。

2-2色々なファッションを楽しめる

ショーツからのアンダーヘアのはみ出しが気になったり、自己処理で肌に黒ずみができてしまったりすると、オシャレな下着や水着が着づらくなってしまいます。
また、自分では見にくい箇所だけに自己処理では綺麗な形に仕上げるのが難しく、はみ出さないように量を調節するのも至難の業です。
プロの手によるvio医療脱毛なら綺麗な仕上がりが期待できるため、これまで躊躇していた大胆な水着や人気のファッションなど、さまざまなアイテムが楽しめるようになります。

2-3.自己処理による肌トラブルの解消

正しい方法がわからず、手探りで自己処理しているという方も多いかと思いますが、皮膚が薄く敏感な箇所だけに黒ずみや色素沈着などのトラブルも起きやすいです。
専門知識豊富な医療従事者が担当してくれる医療脱毛なら、安心してデリケートゾーンの脱毛が叶います。

2-4.長期的に考えるとコスパが良い

自分では見にくいデリケートゾーンの自己処理は時間も手間もかかります。
剃刀やシェーバーなど、一つひとつの単価はさほど高くはありませんが、長期的に考えると意外にコストがかかってしまうんです。
しっかり医療脱毛を行えば、自己処理は半永久的に不要になります。
安価なものでも何十年と使い続ければ高額になってしまうことを思えば、長期的には医療脱毛の方がコスパが良いといえます。

2-5.美しい見た目が手に入る

普段は下着で隠れているデリケートゾーンですが、温泉旅行などでは人目に触れてしまいます。
また、水着や下着からはみ出してしまったり、自己処理による黒ずみやかぶれなど、肌トラブルも避けられません。
プロによるvio医療脱毛なら、形も量も自然に仕上がり、美しい見た目が手に入ります。
デリケートな部位だからこそ、プロに頼るのがおすすめです。

3.vio脱毛のデメリットとは?

自己処理するより衛生的にも経済的にもvio脱毛した方が良さそうですが、デメリットはあるのでしょうか。
vio脱毛のデメリットについても見てみましょう。

  • 他の部位に比べて痛みが強い
  • 施術中に少し恥ずかしい
  • 一度脱毛すると元には戻らない

それぞれ順に説明していきます。

3-1.他の部位に比べて痛みが強い

脱毛には多少の痛みが伴います。
デリケートゾーンは特に皮膚が薄いため、他の部位に比べて痛みが強く感じられます。
痛みは輪ゴムで強く弾かれた程度といわれていますが、痛みが苦手な方にとって、vio脱毛を検討する際の不安材料になるでしょう。

クリニックによっては、麻酔が使用できるところや、痛みが少ない特殊な機器を使用しているところもあります。
痛みが不安な方は、どんな痛み対策があるか、事前にクリニックに確認することをおすすめします。

3-2.施術中に少し恥ずかしい

デリケートゾーンの施術自体に抵抗を感じる方もいるかもしれません。
しかし、実際の施術は何も履かずに行うわけではありません。
専用のショーツに着替え、ずらしながら施術部位にだけレーザーを当てていきます。

施術を受ける側は恥ずかしく感じても、担当者はプロであり、前提としてアンダーヘアはあって当たり前のものなので、恥ずかしく思う必要はありません。

3-3.一度脱毛すると元には戻らない

脱毛方法によっては時間とともに再び生えてくることがありますが、ムダ毛の完全脱毛を目指す医療脱毛では、一度脱毛すると元には戻りません。

特にアンダーヘアを完全になくしてしまうハイジニーナ脱毛では、施術後にやはり少しある方がいいと思っても再び生やすことは困難です。
vio脱毛する際は、事前にしっかり考えた上で施術を受けるようにしましょう。

4.ウィクリニックのvio脱毛について

ウィクリニックでは高品質低価格でvio脱毛をご提供しています。
ウィクリニックのvio脱毛について詳しくご説明します。

4-1.医療用蓄熱脱毛採用

ウィクリニックでは医療用蓄熱脱毛を採用しています。
蓄熱式脱毛とは、毛乳頭や毛根周辺にダメージを与えることにより、新たな毛の再生を防ぐ不再生脱毛です。
蓄熱式脱毛を用いたマシンを自社開発することによって高品質の施術を低価格で提供しています。

4-2.刺激に配慮

自社開発した蓄熱式脱毛マシンは、刺激に配慮した設計で従来のものと比べ、痛みが非常に少ないのが特徴です。
ニキビ跡や日焼け肌にも対応しており、地黒肌やアトピー肌でもレーザー照射が可能です。
とはいえ、肌疾患によっては施術できない場合もございますので、まずは、無料カウンセリングにてご相談ください。
医師がお肌の状態をチェックし、施術が可能かどうか判断させていただきます。

4-3.追加費用一切なし

ウィクリニックでは、最初にご提示した金額以外に追加費用が発生することは一切ありません。
例えば、万が一施術中に肌トラブルが起きた場合、専門医がすぐに対処いたしますが、その際の治療費は無料です。薬の処方が必要な場合でも薬代が請求されることはありません。

4-4.スピーディーな施術

ウィクリニックのvio脱毛の所要時間は約20分です。完全予約制なので待ち時間もなく、スピーディーな施術が可能です。
営業時間は11:00~20:00で、仕事帰りに通うこともできるので、忙しい方、時間がない方でも無理なくvio脱毛がお受け頂けます。

4-5.女性看護師による施術

ウィクリニックでは患者様のお気持ちに配慮し、vio脱毛の施術はすべて女性看護師が担当しています。気になることや不安なことがあればお気軽にご相談ください。女性看護師が患者様のお気持ちに沿った対応をさせていただきます。

4-6.料金

ウィクリニックでは、vio脱毛、ハイジニーナともにお試し料金をご用意しています。
一度試した上で施術を受けるかどうか判断することができます。

プラン名1回(税抜価格5回(税抜価格)
ハイジニーナ(全処理)・VIOお試し6,980円
ハイジニーナ(全処理)20,000円80,000円
Vライン 12,000円48,000円
Iライン12,000円48,000円
Oライン10,000円40,000円
ハイジニーナ+全身脱毛セット50,000円

5.よくある質問

vio脱毛を受ける前に不安や疑問はすべて解消しておくようにしましょう。
ここではvio脱毛に関するよくある質問をご紹介いたします。

5-1.粘膜部分まで照射できますか?

医療脱毛では粘膜部分の照射が可能です。
脱毛サロンの場合は、トラブル時に対応ができないため、粘膜への照射は行っていません。粘膜部分までの照射を望む場合は、医療資格者がいる医療機関で施術を受けるようにしましょう。

5-2.必要な回数は何回ですか?

ウィクリニックではvio脱毛は5〜8回程度で完了いたします。
部位や体質によって多少の個人差がございますので、カウンセリング時にご相談ください。

5-3.生理中でも脱毛できますか?

生理中はvio脱毛はお受けいただけません。
vio以外の部位であれば施術可能です。
vio脱毛の施術予定日が生理日と重なるようであれば早めにクリニックまでご連絡ください。施術がスムーズに行えるよう予約日変更の手続きを行います。

少しでも早く脱毛を初めて女子力をアップさせよう

ビキニラインの悩みは人には言いにくいものです。
自分で何とかしようと思っても、かえって肌トラブルの原因を作りかねません。
ビキニラインはデリケートな部位だからこそ、プロの力を借りるのがおすすめです。

まずは無料カウンセリングで疑問や不安を解決してくださいね。
薄着の季節や温泉旅行などイベントが近づく前に悩みを解消し、女子力アップを目指しましょう。

【記事監修】ウィクリニック 銀座院 院長
秋田 護(あきた・まもる)

医療脱毛なら業界最安クラスの ウィクリニック

ウィクリニックの全身脱毛は月々3,200円から。クリニック独自で開発している医療脱毛機を利用しているため、業界最安クラスの価格を実現しました。

料金・コースをみる