ビューティコラム

糸によるリフトアップ治療ってどうなの?おすすめリフトアップ治療について

リフトアップ治療  2020.02.28

この記事の監修医師

ウィクリニック 理事長
高 尚威 先生

お顔のたるみに悩んでいる人のなかには、美容クリニックでのレーザー治療や糸によるリフトアップ治療を検討されている人も多いのではないでしょうか?

しかし、一口にリフトアップ治療というとちょっと怖い…イメージがありますよね。

今回は、糸によるリフトアップ治療の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。当院のリフトアップ治療「スーパーHIFU(ハイフ)」についても詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

糸によるリフトアップ治療とは

糸によるリフトアップ治療は、皮膚の下に糸が内蔵されたカニューレを挿入して、糸だけを残す施術方法です。

糸を皮下組織に引っ掛けて引き上げることで、後戻りすることなくリストアップ効果が期待できます。

糸には体内吸収されるタイプと吸収されないタイプがあり、施術目的や部位によってさまざまな種類があります。

クリニックによって治療方針も異なりますので確認してみてくださいね。

メリットとデメリット

糸によるリフトアップ治療には、どのようなメリット・デメリットがあるのかチェックしてみましょう。

メリット

糸によるリフトアップ治療のメリットは、以下の通りです。

【切開よりも体への負担が少ない】

メスを使ったフェイスリフト手術は皮膚を切開し、皮膚の奥にあるSMAS筋膜と皮膚を引き上げて縫合することでたるみを改善します。

皮膚を縫い合わせて固定するので効果の持続性は高いですが、大規模な手術を行うことから体への負担が大きい欠点があります。

糸によるリフトアップ治療は切開や縫合を行わないため、メスを使ったフェイスリフト手術と比べると体の負担が少ないのがメリットです。

カニューレを挿入するので小さな針跡が残りますが、時間の経過とともに消えるので傷跡はほとんど目立ちません。

【短期間で効果を実感できる】

日常的なスキンケアやマッサージ、サプリメントなどのセルフケアは、たるみ解消や小顔効果を実感するには時間がかかります。

長期的にケアしても、効果に満足できない場合もあるでしょう。

直接皮膚の下に糸を入れてたるみを引き上げるリフトアップなら、短期間で効果を実感できます。

また、挿入した糸に反応して皮下組織でコラーゲンの生成が促されるため、肌質改善効果も期待できます。

デメリット

糸によるリフトアップ治療のデメリットは、以下の通りです。

【費用が高い】

糸によるリフトアップ治療は、糸1本70,000円前後が一般的な価格帯です。

たるみの状態によって異なりますが、糸の本数は顔の片側3本(両側6本)程度は必要になるため1回の施術に数十万の費用がかかります。

ヒアルロン酸注入やレーザーリフトアップ治療と比べると、費用が高いのがデメリットといえるでしょう。

【一時的な効果】

メスを使ったフェイスリフト手術は皮膚と皮膚内の筋膜層を引き上げる手術なので、効果が大きく5〜10年程度の持続効果が期待できます。

糸によるリフトアップは使う糸の種類や本数によっても異なりますが、持続効果期間は1年程度が目安になり、長くても2〜3年程度です。

また、余分な皮膚を切除してから縫合する手術と違い、糸によるリフトアップ治療は糸で引っ張るだけなので、引き上げた皮膚がたるみとして残ってしまう場合もあります。

【手術リスクもある】

糸によるリフトアップ治療は、メスを入れる手術よりも体への負担は少ないです。

しかし、手術リスクがゼロなわけではありません。

施術後はむくみや腫れ、内出血、皮膚の凹みなどが起こる場合がありますが、通常は1〜2週間程度で治ることがほとんどです。

しかし、一部の医療機関では疼痛や皮膚のひきつれ感が残るなどのトラブルから、訴訟が起きているケースもあります。

リフトアップ治療を受けるときは、メリットだけでなくリスクについてもしっかりと説明してくれる医療機関を選ぶことが大切です。

また、医師の技術不足からトラブルが起こる可能性もあるので、信頼できる医師のもとで施術を受けましょう。

整形手術に抵抗がある人にはレーザー治療がおすすめ!

メスを使う整形手術や糸によるリフトアップ治療に抵抗がある方は、レーザー治療がおすすめです。

レーザー治療はたるみが気になる部位にレーザーを照射することで、皮膚内部の細胞を活性化して、たるみの改善やハリ感アップ、肌質改善効果などが期待できます。

レーザー治療はメスや注射は使わずに治療器を肌に当てるだけなので、肌に傷跡は残りません。

外科手術や糸によるリフトアップ、注入治療など他の治療法に比べて、痛みやダウンタイムが少ないのも特徴です。

【レーザー治療はこんな方におすすめ!】

  • フェイスラインのたるみを改善したい方
  • 二重あごが気になる方
  • ほうれい線や小じわが気になる方
  • 肌のトーンアップがしたい方
  • 肌の引き締め・ハリ感をアップしたい方

リフトアップレーザー治療の種類

リフトアップレーザー治療には、光(IPL)治療と超音波(HIFU)治療があります。

それぞれのポイントを見てみましょう。

光(IPL)によるリフトアップ治療

光(IPL)はレーザーよりも幅広い波長を持つやさしい光で、シミ・そばかす・くすみ・小じわ・ニキビ・赤ら顔などさまざまな肌トラブルの治療に用いられます。

光による熱エネルギーが刺激を与えて皮膚内のコラーゲンの産生を促すので、肌のたるみ改善にも有効な治療法です。

超音波(HIFU)によるリフトアップ治療

近年、切らずにできるたるみ治療・小顔治療として注目を集めているのが、超音波(HIFU)によるリフトアップ治療です。

HIFU(ハイフ)は高密度焦点式超音波と呼ばれていて、虫眼鏡で太陽光を集めて紙を焼くように超音波を1点に集めて皮膚の深いところまで照射します。

外科手術でしか治療できなかったSMAS筋膜にピンポイントで熱エネルギーを与えることができるので、強力なリフトアップ効果が期待できるのが特徴です。

ウィクリニック のリフトアップ治療

当院では、超音波(HIFU)によるリフトアップ治療「スーパーHIFU(ハイフ)」を取り扱っております。

スーパーHIFU(ハイフ)の特徴は、以下の通りです。

  • 独自開発した広範囲レーザーを使用
  • ダウンタイムがない
  • 業界最安クラスを実現

それぞれのポイントをご紹介します。

独自開発した広範囲レーザーを使用

当院のスーパーHIFU(ハイフ)は、一度に広範囲の超音波照射ができるように医療メーカーとともに開発しました。

照射範囲を広げることで照射時間を短縮できるため、患者様への負担を減らすことができます。施術時間の目安は、15分~45分程度です。

ダウンタイムがない

スーパーHIFU(ハイフ)はメスや注射を使わないリフトアップ治療なので、体への負担が少なくダウンタイムもありません。当日からメイクも可能です。

痛みの感じ方には個人差がありますが、麻酔はせずに施術できる程度の痛みです。

施術後に赤みや軽度のひきつれなどを感じることがありますが、ほとんどの方は数日程度で治ります。

リスクや注意事項についてはカウンセリング時に詳しくご説明しますので、ご不安や疑問がある方はお気軽に無料カウンセリングをご利用ください。

業界最安クラスを実現

HIFU治療は1回でも効果が得られますが、継続的に繰り返すことでより高い効果が期待できます。

当院では、独自開発した治療器を使用することで、高品質かつ業界最安クラスの価格を実現しています。患者様にご満足いただけるように、さまざまなHIFUメニューをご用意しているので、チェックしてみてくださいね。

【料金表】

シャワーハイフ¥15,000
スーパーHIFU(あご下)¥60,000
スーパーHIFU(頬+フェイスライン)期間限定・お試し初回価格¥50,000
スーパーHIFUセット(頬+フェイスライン&あご下+フェイスライン下)期間限定・お試し初回価格¥80,000

※万が一、施術後に肌トラブルが起きた場合も治療代やお薬代などご契約時の料金以外の追加料金は一切かかりません。

自分にあった方法で理想のフェイスラインを手に入れよう!


リフトアップ治療には、外科手術や糸によるリフトアップ治療、注入治療、レーザー治療などさまざまな治療法があります。

糸によるリフトアップ治療は、たるんだ部分を引き上げるので短期間で高い効果を実感できる人気の治療法です。しかし、費用が高いことや手術リスクなどのデメリットもあります。

当院のリフトアップ治療では、レーザー施術でリフトアップが叶う「スーパーHIFU(ハイフ)」をご提案しております。無料カウンセリングを実施しておりますので、お悩みやご不安がある方はぜひお気軽にご相談ください。

この記事の監修医師

ウィクリニック 理事長
高 尚威 先生

ウィクリニック理事長。日本の美容医療レーザーの第一人者。クリニックにエンジニアが常駐し、自社でレーザー開発をする日本で唯一のクリニックを経営。

医療脱毛なら業界最安クラスの ウィクリニック

ウィクリニックの全身脱毛は月々3,200円から。クリニック独自で開発している医療脱毛機を利用しているため、業界最安クラスの価格を実現しました。

料金・コースをみる