ビューティコラム

【ハイフ】顔のたるみや小顔治療に効果的!hifuの副作用と注意点を解説

リフトアップ治療  2020.03.19

たるみや小顔など肌悩みがあっても、メスや注射を使った施術には抵抗がある方もいます。そんな方におすすめなのが、ハイフ(HIFU)によるレーザー施術です。

ハイフは照射器を肌に当てて皮膚内の組織にアプローチする施術なので、痛みやダウンタイムが少なく、美容治療に抵抗がある方でも安心して治療を受けることが可能です。

しかし、どんなに優れた治療法でも副作用などのリスクもあるため、施術の前に注意点を確認するようにしましょう。

今回記事では、ハイフの効果やメカニズム、トラブルや副作用の代表例、注意点などを詳しく解説します。

ハイフ(HIFU)の効果とメカニズムについて

ハイフ(HIFU)は強力な超音波を1点に集めて照射することで、皮膚内に熱ダメージを与えて肌悩みを解消する治療法です。

ハイフは、ほうれい線などのしわ治療、フェイスラインなどのたるみ治療、小顔治療、若返り治療などに用いられます。

ハイフが顔のたるみやシワに効果的なのは、皮膚の下にあるSMAS筋膜に直接アプローチできるためです。

人間の皮膚は表面から、表皮層・真皮層・脂肪層・SMAS筋膜・筋層という構造になっています。SMAS筋膜はコラーゲンで形成されており、皮膚を支えて引っ張る役割がある肌の土台となる部分です。このSMAS筋膜が加齢などの影響でたるんでくると、たるみやシワなどの原因となります。

これまでSMAS筋膜にアプローチできる施術は外科手術しかありませんでした。ハイフは65~75℃の熱エネルギーをピンポイントでSMAS筋膜に照射して熱ダメージを与えることができます。

熱ダメージによってSMAS筋膜が縮まり新しいコラーゲンの生成が促されることで、肌の引き上げ効果、ハリ感アップなどの美肌効果が期待できるのです。

また、ハイフ機器のカートリッジを使い分けることで、皮膚の浅い部分や細かい部分にも照射が可能です。

そのため、たるみ取りや肌質改善、小顔効果など、解消したい肌悩みに合わせて対応することができます。

トラブルや副作用の代表例

ハイフには、さまざまな美容効果が期待できますが稀にトラブルや副作用が起こる恐れがあります。どのようなトラブルや副作用が起こる可能性があるのか見てみましょう。

効果があまり感じれらない

ハイフは皮膚の深層部分にあるSMAS筋膜を縮める効果が期待できるため、1回の施術で効果を感じられる施術です。

しかし、施術後にむくみが出る場合があり、すぐに効果を実感できない方もいます。

効果の実感には個人差がありますが、この場合はむくみが取れれば引き上げ効果を感じることができるでしょう。

また、超音波を照射する際に、出力が弱いと効果を実感できないケースもあります。エステサロンにもハイフ治療はありますが、医療機関ではないため出力が低い機器を使用しています。同じハイフ治療でも、治療を受ける場所によって得られる効果が違うことを理解しましょう。

やけどになった

ハイフ治療で起こりうる副作用に、火傷があります。

ハイフは虫眼鏡で太陽光を集めて紙を焼くように、皮膚内にピンポイントで熱ダメージを与える施術です。

本来は皮膚表面を傷つけずに行える施術ですが、出力や機器の扱い方を間違えてしまうと火傷が起こるリスクが高くなります。

経験のある医師のもと治療をおこなうようにしましょう。

赤みや腫れがでる

たるみ治療やリフトアップ治療には、メスを使った外科手術やヒアルロン酸注入、ボツリヌス注射などの注入系治療、ハイフなどのエネルギー照射系治療などがあります。

ハイフは照射器を肌に当てるだけでよいため、メスや注射などを使うリフトアップ治療よりも手軽でダウンタイムが少ない点が人気です。

ただし、熱ダメージによって施術後に赤みや腫れなどの副作用が起こるリスクがあります。

ハイフ(HIFU)を受ける際の注意点

どんなに優れた治療法にも多少の副作用やリスクがあります。

ハイフを受ける際の注意点をチェックしておきましょう。

美容クリニックなどの医療機関でうける

ハイフは医療機関以外に、エステサロンでも施術を行っていることがあります。

ハイフ治療は医療行為になり、医療従事者でなければ扱うことはできません。

エステサロンのハイフは医療行為に当たらないように、医療機関で扱うハイフ機器より出力が低く設定されたものを使用しています。

そのため、医療機関のハイフよりも効果が低い傾向にあります。

また、エステサロンでは医療従事者ではないエステティシャンが施術を行うので、万が一皮膚トラブルが起きた場合すぐに医療処置ができません。

トラブルを未然に防ぐためにも、ハイフ治療は美容クリニックなどの医療機関で受けるようにしましょう。

禁忌事項や副作用をしっかり理解する

ハイフは手軽にできる施術ですが、どんな施術にもリスクはあるため禁忌事項や副作用についてしっかりと理解することが大切です。

ハイフ治療の副作用とリスク、ハイフ施術を受けられない方は以下の通りです。

【副作用とリスク】

赤み・感染・ 色素沈着・ 毛包炎・熱傷・ 神経麻痺などが起こる可能性があります。

【ハイフ施術を受けられない方】

  • 妊娠中または妊娠の可能性がある方
  • 糖尿病・心臓疾患・発熱・感染症・重度の皮膚疾患、ケロイド体質の方
  • 施術部位に金属プレート・金属糸・シリコン・プロテーゼ・などを入れている方
  • 日焼け直後、アトピー性皮膚炎のある方

他にも、体質や持病によって注意が必要な場合があります。

ハイフ治療を受ける際には、リスクや注意事項についてしっかりと説明をしてくれる医療機関を選びましょう。

値段では選ばない

エステサロンは医療機関よりもハイフ施術の費用が安い傾向があります。

しかし、医療機関のハイフの方が1回の治療効果が高く持続期間も長いため、エステサロンの方がお得とは一概にはいえません。

値段が安くても安全性と品質が低ければ施術リスクは高くなり、せっかく施術を受けても効果が実感できない場合もあります。

大事な肌を傷つけてしまう恐れもあるので、ハイフ治療は値段だけでは選ばないようにしましょう。

安全性が高いウィクリニックの『ハイフ治療』

当院では、安全性が高く高品質・低価格の「スーパーハイフ」を取り扱っています。

どのような特徴があるのか詳しくご紹介します。

独自開発した広範囲レーザーを使用

当院のハイフ治療「スーパーハイフ」は、医療機器メーカーと共同開発したハイフ機器を使用しています。

従来のハイフ機器より広い範囲に照射できるため、施術時間が短縮され患者様の負担を減らせるメリットがあります。また、独自開発した機器を使用することで、高品質でありながら低価格でハイフ治療がご提案できます。

万全のサポート体制

当院では施術前に無料カウンセリングを行っています。

患者様のお悩みや肌の状態などを確認し、最適な施術プランをご提案させていただきます。

施術について気になることがあればなんでもご質問ください。

また、万が一施術後に皮膚トラブルが起きた場合は、迅速に医療処置を行います。

ご契約時の料金以外の費用は一切かかりませんのでご安心ください。

すべての施術を医療従事者が対応

ハイフ治療には医療に関する知識や技術が必要になり、皮膚トラブルが起こるリスクもあります。

当院は専門医がいる医療機関であり、すべての施術を医療従事者が行っています。

安全性を第一に適切な治療を行いますのでお任せください。

たるみ・小顔治療なら医療機関でのハイフ(HIFU)がおすすめ

ハイフ治療を受けるなら、医療機関での治療をおすすめします。

効果や持続期間はもちろん、医療従事者が施術を行うので安全性の面でも安心です。

当院では患者様にご満足いただけるように、安全性・品質・価格にこだわったハイフ治療をご提案しております。

無料カウンセリングを実施しておりますので、たるみや小顔治療を検討されている方はぜひお気軽にご相談ください。

【記事監修】ウィクリニック 銀座院 院長
秋田 護(あきた・まもる)

医療脱毛なら業界最安クラスの ウィクリニック

ウィクリニックの全身脱毛は月々3,200円から。クリニック独自で開発している医療脱毛機を利用しているため、業界最安クラスの価格を実現しました。

料金・コースをみる