ビューティコラム

人気部位ランキングに見る医療脱毛のトレンドとあなたにぴったりの脱毛を見つける方法

脱毛の基礎知識  2020.03.26

脱毛クリニックやエステサロンでは、一カ所だけの脱毛から全身くまなく脱毛するものまで、様々な脱毛メニューが用意されています。ここでは、実際の脱毛クリニックでは、どんなメニューが今人気を集めているのか、ご紹介していきます。

目次

  • 1.あなたは見られている!他人が気になるあなたのムダ毛
  • 2.医療脱毛クリニックで人気の脱毛部位
  • 3.脱毛部位はどうやって決めたらいい?
  • 4.クリニック選びはどうすればいい?
  • 5.業界最安値レベルの価格設定
  • 6.まとめ
  • あなたは見られている!他人が気になるあなたのムダ毛

    ムダ毛を処理するのは、自分が気になると同時に、やはり他人の目が気になるからしているという人が多いでしょう。他人はどんなところをチェックしているのでしょうか。他人が気にしている部位と自分が気にしている部位は必ずしも同じとは限りません。もし意識していなかった部位があるならば、そこも脱毛する部位候補にしてみてもいいのかもしれません。

    第一印象はやはり顔 その中でもムダ毛が気になるのは…

    他人と面と向かったとき、自分の第一印象を左右するのはやはり顔のようです。なかでも、特に他人が気になるのは鼻の下にあるムダ毛だと言われています。鼻の下のムダ毛といえば、男性で言うヒゲですが、女性にはないはずのものがあると、やはり男性は引いてしまうというのが現実のようです。

    見える場所=気になるポイント

    他人が気になるポイントというのは、やはり目立ちやすい外から見える場所です。たとえば、座って話をする際には顔を見ますし、腕や手にも目が行きます。顔は前述の通り、鼻の下が気になるポイントだと言われていますが、腕ではひじ下、手では指毛が気になるとされています。最近では、ネイルアートも当たり前になってきているのに、指に毛が生えていたのでは台無しというのが理由のようです。

    ふとした瞬間に気になるワキ

    普段見せることはありませんが、暖かい季節になるにつれ、薄着になってくると、つり革をつかむときや高いところのものを取るとき、タクシーを止めるときなど、ふとした時にワキが見える瞬間があります。普段見えないからこそ、目が行きますし、きちんと処理しておけば、見えないところにもきちんと手が行き届いているという好印象を与えられます。

    医療脱毛クリニックで人気の脱毛部位

    では、実際に脱毛クリニックの門をたたく人はどんなところを脱毛しているのでしょうか。ここでは、実際にウィクリニックで提供している脱毛メニューの中でも、人気のメニューについてランキング形式でご紹介していきます。

    1位 全身脱毛プレミアム

    VIOを除く、首から下すべてを脱毛するコースです。

    すべての部位がセットになっているため、1回の通院で、いくつかの部位をまとめて施術できるので、個別部位をバラバラに脱毛するよりも効率的に時間を使うことができます。また費用面でも、個別部位をそれぞれ脱毛した場合にかかる費用を合計した金額よりも、かなり安い金額で脱毛できるのでお得です。将来的にいくつかの部位を脱毛したいと思っているのなら、思い切って同時にやってしまおうという方も多いようでクリニックでも人気ナンバー1のメニューになっています。

    料金:13万7000円

    2位 全身脱毛ライト

    ひじ下(前面)や両脇、ひざ下(前面)や背中上部を脱毛するコースです。

    一般的に、人目に触れやすく多くの方が日々自己処理している部位です。長年の自己処理が面倒になったり、自己処理によって肌トラブルを抱えてしまったりという脱毛初心者の方にもおすすめのメニューです。全身を脱毛するまでではないけれど、いつもの脱毛処理時間や手間から解放されたいという方から人気を集めています。

    料金:5万9800円

    3位 全身脱毛スタンダード

    全身脱毛ライトの脱毛部位に一部位プラスして脱毛できるコースです。

    2位の全身脱毛ライトだけでは物足りない、どうしてももう1カ所脱毛したいという方におすすめのメニューです。全身脱毛ライトで脱毛できる部位以外にも、費用が比較的高く掛かる部位をお得にまとめて脱毛できるメニューとなっています。

    料金:9万9800円

    4位 両脇

    ムダ毛処理でなんといっても気になる部位の1位が両脇です。自他ともに気になる部位なだけに、自己処理は欠かせないですし、場所が場所だけに処理には手間と時間がかかります。長年の自己処理によって、黒ずんだり、肌荒れすると、露出したい季節なのに、肌見せできない服装になってしまうなど、ファッションにも影響を与えるので、ふとしたときに見られても恥ずかしくなく美しくしておきたいものです。

    ワキの脱毛をしておくと、見た目はもちろん、臭いもある程度防ぐことができるのが大きなメリットの一つです。

    料金:1万2000円

    5位 足全体

    人目が気になる脚のムダ毛、特にひざ下のムダ毛は多くの女性が自己処理に苦労しているところかもしれません。一度剃ってしまうと、ムダ毛が以前よりも太く見えて、処理するのをやめられなくなります。また、乾燥しやすい部位なので、定期的に剃っていると、肌がかゆくなったり、赤くなったりと、肌荒れが目立つようになります。

    見せても恥ずかしくないようにムダ毛を処理しているのに、結局隠さないといけなくなるなんて矛盾していると思いませんか。ツルツル肌を手に入れるためにも、永久脱毛して肌を荒れさせる自己処理とはさようならしてはいかがでしょう。

    料金:15万2000円

    6位 ハイジーナ・VIO脱毛

    アンダーヘアを減らしたり、形を整えたりする脱毛コースです。VIOすべてを脱毛することも、部分的に脱毛することも可能です。ハイジーナ・VIO脱毛は年齢を問わず、昨今注目を集めている脱毛と言えるでしょう。

    アンダーヘアを処理しておくと、生理の際のムレを防止したり、排便の際に汚れるのを防いだりといった衛生面でのメリットに加え、この部位を整えることで、より幅広い下着や水着を楽しむことができるといったメリットがあります。また、ジムや温泉で裸になった際に恥ずかしい思いをせずに済むといったことも脱毛をしたい理由としては大きいでしょう。

    将来的に、介護されることを想定して、脱毛して衛生的にしておこうという方も増えているようです。アンダーヘアには30代を過ぎてくると、白髪が混じり始める方もいらっしゃいますが、通常のメラニン色素の黒い色に反応して脱毛するレーザーには反応しない白髪ですが、蓄熱式の脱毛レーザーを用いれば、白髪も脱毛することができます。白髪があるから脱毛できないとあきらめている方も、蓄熱式レーザーを導入しているクリニックを選んで、一度相談にいらしてはいかがでしょうか。

    料金:8万円

    7位 腕全体

    気になるひじ下も、自己処理では忘れがちなひじ上もともに脱毛できるコースです。特に、ひじ下は机に手を置いたときなどに目立つ部位です。ムダ毛の濃さにもよりますが、一般的なムダ毛の量でも、処理せずにいると、薄いベールがかかったように、なんとなく腕が黒ずんで見えてしまいます。

    手が届きやすく、比較的処理しやすい部位なのですが、それでも処理して少し時間が経つと、ムダ毛が再び生え始めて、チクチクと肌にあたって、肌に刺激を与え、かゆみが発生しがちです。かゆくなって掻いてしまうと、赤くなったり、ぷつぷつと肌荒れしたりと様々な肌トラブルにつながります。

    料金:12万8000円

    8位 顔全体

    目の周りと唇を除いた顔のすべてを脱毛できるコースです。顔はムダ毛がそれほど目立たない部位ではありますが、全体に産毛が生えています。こうした産毛を処理すると、顔全体がワントーン明るくなり、化粧乗りも良くなります。

    顔の脱毛は他の部位と比べると、痛みが生じやすい部位だと言われていますので、初心者にはハードルが高いともいわれますが、蓄熱式レーザーを用いれば、痛みも比較的少なくて済みます。

    全身脱毛のメニューの中には、顔だけ除いているものも多いので、オプション的に加える方も多いようです。

    料金:9万2000円

    9位 鼻下、手の甲・指

    細かい部位ですが、鼻の下は顔の中でも比較的痛みが伴いやすい部位だと言われています。鼻下のムダ毛が濃いとヒゲのような印象を与えてしまいますので、一気に脱毛してしまいたいという方が多いようです。場所が場所だけに毎日処理していると、ひげをそっているようで、なんとなく気分が落ちるということと、肌が荒れてしまうというのも理由のようです。

    手の甲や指についても、前述のとおり、他人からは意外と見られています。脱毛範囲は非常に小さいので、費用もそれほど高くなく脱毛できるので、気になる方は他の部位とセットで脱毛してしまってすっきりするのもいいかもしれません。

    料金(鼻下):2万8000円

    料金(手の甲・指):4万円

    10位 背中

    背中に生えているムダ毛自体は、それほど太いものではなく産毛のようなものなのですが、広い範囲であることや密集して生えているために、背中が開いたドレスや水着を着た際になんとなく暗く見えがちです。また、にきびなどのトラブルが生じがちな場所でもあるので、ムダ毛を処理してこうした肌トラブルが起きにくい肌に整えておくことが大切です。

    なんといっても、背中は面積が広いため、手が届きにくい場所もあり、自分で処理しようとすると、剃れるところと剃れないところのムラができてしまいます。プロの手で隅々まできれいに整えてもらいましょう。

    背中上:8万円

    背中下:8万円

    お尻:8万円

    脱毛部位はどうやって決めたらいい?

    実際に自分が脱毛しようと思い立った時、脱毛する部位はどうやって決めたらいいのでしょうか。

    自己処理に追われる部位を脱毛

    まずは、日々ムダ毛の自己処理に追われる部位が候補に挙がるでしょう。

    長年、自宅でムダ毛処理していると、どうしても肌にダメージを与えがちです。特に、カミソリや毛抜き、脱毛テープやクリームを使うと肌に大きな負担がかかって、肌が乾燥したり、赤くなったり、場合によっては色素沈着してしまうなんてことも起こりうるので注意が必要です。そんなお悩みから解放されるためにも、まずはこうした部位を考えることをおすすめします。

    脱毛初心者は両脇から

    脱毛が初めてという方が不安に感じるポイントとしては、「脱毛は痛い」「肌荒れしたらどうしよう」「予算内で脱毛できるか?」などがあるでしょう。

    こうした方は、まずはどこか一カ所試しに脱毛してみるのはいかがでしょう。比較的痛みが少なく、前述のように自己処理が面倒な部位として、たとえば両脇がおすすめです。一度脱毛してみて、痛みが許容範囲かどうか、皮膚トラブルが起きないかなどを確かめたうえで、さらなる脱毛を進めるか否かを判断するのがよいでしょう。

    両脇の脱毛では、1回で3000円程度、すべての脱毛が完了する目安になる5回では1万2000円程度と、比較的安価に脱毛することができます。

    脱毛範囲が小さい部位から

    痛みを感じても肌荒れが起こっても小さな範囲であれば、被害が少なくて済みます。そんな点では、たとえば、指に生えている毛や鼻の下などがあります。範囲が小さければ、かかる費用も少なくて済むのもメリットです。

    お試し価格がある部位も

    顔全体やハイジーナVIO脱毛に関しては、1回のおためし価格を用意しているクリニックもあります。こちらに関しては、各クリニックによってないところもあるので確認が必要ですが、まずはお試しをしてみることで、そのクリニックの雰囲気やスタッフの対応、導入している機械との相性なども確認することができるので、まずは相談してみることをおすすめします。

    おもいきって全身脱毛してみる!

    ある特定の部位だけの脱毛で十分という人は別ですが、最初は予定していなくても、一度脱毛してみたら、もっとやりたい部位が増える人が多いようです。また、まずはお試しをしてみてゆくゆくはいくつかの部位を脱毛したいと最初から考えているのであれば、思い切って全身脱毛してしまうというのも手です。

    たとえば、多くのクリニックでは脚全体の脱毛よりも、全身脱毛(顔、VIOを除く)の脱毛の方が安かったということもあります。

    全身脱毛といっても、文字通り、“全身”脱毛するメニューだけでなく、全身までいかなくても気になる部位をセットで脱毛できるメニューもあります。自分が脱毛したい部位がセットになったメニューがあれば、個別に脱毛していくよりも、安く済みますし、効率的に脱毛を進めることができるので、時間短縮にもなります。

    クリニック選びはどうすればいい?

    医療脱毛というと、何十万円もかかるし、何度も通わなければならない。脱毛期間中にも想定していた以外の費用がかかったりするかもしれないといった不安もつきまといます。さらに、仕事があったり、子育てしていたり、忙しい人にとっては二の足を踏みがちです。

    料金が安い

    医療脱毛というと高額なイメージがありますが、脱毛は自由診療なので、実際にはクリニックによって、料金設定は様々です。全身脱毛がお得なメニューを用意しているところもあれば、部位別の料金が安いところもあります。あなたがどこを脱毛したいのかによって、選ぶクリニックも変わってきますので、まずはそこから考えてみるといいでしょう。

    これに加え、学生割引価格や他院からの乗り換え価格、季節限定のキャンペーン価格や友達を紹介すると割引をしてくれるなどといったお得な企画を用意しているところもあるので、まずはホームページをチェックしてみてください。

    予約が取りやすい

    脱毛クリニックには、数週間または数カ月おきに通い続けなければならないので、なによりも予約が取りやすいクリニックを選ぶことをおすすめします。毛には毛周期というサイクルがあり、このサイクルに合わせて脱毛スケジュールを組んでいくことがとても大切です。1回目の施術後に、次の施術の予約が取れないのでは、効率的に脱毛が進められなくなります。

    また、急な用事が入ったり、体調を崩してしまったりなど、予測できない理由で仕方なく予約をキャンセルしなくてはいけない場合もあるでしょう。そんなときも、次回の予約が取りやすいクリニックを選んでおけば、安心して通うことができます。

    通いやすい

    どんなに希望通りのメニューを理想的な料金で用意しているクリニックが見つかったとしても、そのクリニックが通いにくい場所にあったり、閉院時間が早かったりでは、結局忙しくて通えなくなってしまうリスクがあります。

    まずは、通いやすさを優先し、職場や自宅の近く、または少なくとも普段利用している電車の沿線にあるクリニックを選ぶことをおすすめします。

    追加費用がかからない

    施術代を払ったり、それで終わりだと思っていたら、施術以外のところで追加料金を請求されることがあるので注意が必要です。たとえば、カウンセリング自体に費用が発生したり、施術の際の痛みを和らげるために用いた麻酔代を請求されたり、施術後に起きた肌トラブルに対応するために処方された塗り薬や飲み薬などの処方薬代を請求されたりなど、様々な追加料金が発生することが考えられます。

    また、急な用事が入ってしまった際のキャンセル料を請求されることもありますので、何日前までキャンセルができるのか、キャンセル時に請求される料金はいくらなのかなど、チェックしておくことが大切です。

    気づいたら、予算からかけ離れた金額を請求されたということがないよう、クリニック選びの段階からこうしたことを意識しておいた方がよいでしょう。

    導入している脱毛機器をチェック!

    それぞれのクリニックでは、異なる脱毛機器を導入しています。部位によって使う機器を使い分けたり、もともと数種類のレーザーが照射できるような機器を使っていたりなど、様々です。

    もしも一種類のレーザーしか使用できないとなると、そのときの肌の状態や色、毛の太さや生え方に合わせてレーザーを調節できなくなってしまいます。そうなると、照射の際に痛みが生じたり、やけどや硬毛化のリスクも高まります。こうしたリスクを下げるためには、照射出力を下げざるを得なくなるので、1回での脱毛効果は薄れ、より多くの回数照射しなければいけなくなります。

    脱毛したい部位や肌質などによっては機器の得意不得意があったり、照射出力を調節する必要があるので、どんな部位を脱毛したいのか、それに最適な脱毛機器を導入しているのかなど、具体的な機器の紹介をホームページで確認したり、またはカウンセリングの際に聞いてみるなどして、納得のいく施術をしてもらうことをおすすめします。

    個室などのプライバシーが確保されている

    どんな部位であっても、他人にムダ毛を見せるというのは恥ずかしいものです。施術してくれる人以外には見られないような配慮がされている個室完備のクリニックを選んでおくと、安心して通うことができます。

    ウィクリニックの脱毛の特徴

    ウィクリニックでは、蓄熱式の脱毛器を導入しています。従来の単発式の脱毛器では、みなさんの脱毛のイメージにあるように、ゴムをバチンとはじいたような音と光、そして痛みが伴う脱毛法になります。これは、レーザーが毛根に含まれる黒いメラニン色素に反応して、破壊するために起こる現象です。

    これに対し、ウィクリニックが導入している蓄熱式の脱毛器では、メラニン色素ではなく、毛を生み出す元になるバルジ領域と呼ばれる部分にダメージを与え、そもそも毛が生えないようにしてしまうという仕組みを用いています。そのため、前述のゴムを弾いたような痛みではなく、じんわりと熱を加えることで脱毛をしていきます。

    この脱毛方式の場合、黒いメラニン色素に反応するわけではないので、日焼けした方やもともと色黒肌の方にも施術が可能です。痛みも比較的少ないので、痛みが苦手な方や未成年の方にも安心して施術を受けていただけます。

    3つの波長に同時にアプローチ

    このレーザーは、波長の異なる3波長を同時に照射することができます。人間の毛は、生えている部位によって毛根の深さも異なり、1種類のレーザーではカバーしきれないことがあります。その点、ウィクリニックの脱毛器であれば、1回の照射であらゆる毛にアプローチできるので、むらなくムダ毛にアプローチできる非常に効率もよい脱毛法といえるでしょう。

    冷却しながら照射するのでムラができにくい

    従来の脱毛レーザーの場合、レーザーを照射する部分と照射後に冷却する部分が別々になっていました。「照射したら冷却、照射したら冷却」というように、毎回冷却する照射と冷却の時間がそれぞれ取られるので、時間がかかってしまうのが難点でした。

    また、レーザーの照射ヘッドを一方向にしか動かすことができなかったので、打ちムラができないように30%程度の重なりを保ちながら移動させていかなくてはなりませんでした。この重なりが浅いと打ちムラができたり、重なりすぎると、重複した照射になってしまったりとどうしてもムラが出てしまいがちな照射方式でした。

    ウィクリニックが採用している脱毛レーザーは、照射口と冷却口が一体になっているため、照射しながら、同時に冷却も行うことができ、かつ一方向だけでなく、自由にヘッドを動かせる脱毛器です。これにより、スピーディーで体のラインに沿った照射ムラのできにくい照射方式になっています。

    業界最安値レベルの価格設定

    ウィクリニックでは、入会金や初診料・再診料、カウンセリング料やキャンセル料、トラブルが発生した際の治療代や薬代はすべて無料です。脱毛以外の追加料金はかかりませんので、その点は安心できます。

    また、各部位ごとに料金が設定されており、

    一般的に医療脱毛の料金相場を見てみると、下記のようになっています。

                   一般的な料金       ウィクリニック

    全身脱毛(顔、VIOを除く) 30~35万円程度       13万7000円

    全身脱毛(顔、VIOを含む) 45万円程度         24万7000円

    一般的な料金設定と比べると、ウィクリニックの脱毛にかかる料金はリーズナブルだということがお分かりいただけると思います。

    1回の施術から手軽に試せる

    ウィクリニックでは、初回トライアルとして顔脱毛が1回9800円、VIO脱毛が1回6980円というキャンペーンを実施しています。ほかの部位に関しても、1回からの料金設定をご用意しているので、まずは1回試してみるということが可能です。

    各部位に関しても、人気の両脇では5回1万2000円、鼻下で5回2万8000円など、脱毛範囲が小さければ、限られた予算でも脱毛が受けやすい価格設定になっています。

    割引価格でさらにお得!

    ウィクリニックでは、他のクリニックからののりかえで最大2万円オフ、学生割引で最大2万円オフ、お友達と一緒にカウンセリングを受けていただき、同時に契約いただくと最大で4万円オフといったキャンペーン割引を実施しています。こうした割引を活用すると、さらにお得に施術を受けていただくことができます。

    痛みや施術後に生じる症状にも対応

    脱毛には、リスクも伴います。術後にはレーザーを照射したことによって炎症が起こり、赤みを生じたり、ヒリヒリとした痛みや腫れが起こることがあります。特に、毛が濃くて太いVIOなどでは起こりやすい症状だといえます。

    また、脱毛したことで毛包と呼ばれる部分が傷つき、そこにブドウ球菌が感染して白いブツブツが肌表面にできてしまう毛嚢炎もあります。これは顔や背中などといった皮脂分泌の多い部位で起こりやすいと言われています。

    脱毛したにもかかわらず、毛が増えたり、硬くなったりして見える増毛・硬毛化もあります。産毛などの薄くて細い毛がある部位に見られる現象です。

    最後に、まれにではありますが、肌の色や状態、毛の太さに応じて調整しているレーザーの照射出力がうまくいかず、やけどが起こる場合もあります。

    こうしたリスクが起こりうることは理解したうえで、これらが起こった際に適切な処置をしてもらえるクリニックかどうかをチェックしておくことが大切です。きれいになるために受けている脱毛の施術なのに、以前にはなかったトラブルを抱えたのでは元も子もありません。

    ウィクリニックでは、こうした症状が起こった場合、最優先で診察、治療を行います。美容皮膚科も併設していますので、専門医が迅速に対応することが可能です。もちろん、この際にかかった診察料やお薬代、追加照射料が必要な場合は、これもすべて無料になっています。

    痛みに対処する技術

    ウィクリニックでは、比較的痛みの少ない蓄熱式の脱毛機器を導入しています。それでも痛みに敏感な方や恐怖が強い方には麻酔を用いることも可能です。麻酔には、塗るタイプと吸うタイプがありますが、これはそれぞれの状況に合わせて医師が判断し、的確に用いていきます。麻酔は医療の有資格者しか扱えないものなので、エステで行う脱毛には用いることができません。これも医療脱毛の大きなメリットの一つといえるでしょう。

    医療脱毛をしてみたいと思っても、初心者にとっては、どこの部位を、どこのクリニックで脱毛したらいいのかわからないことが多いと思います。まずは、日々の自己処理に時間を取られている部位やお試しに小さな面積の部位を脱毛してみるのはいかがでしょう。もちろん、おもいきって全身くまなくお得に脱毛してしまうというのも一つの手でしょう。

    まとめ

    ウィクリニックでは、蓄熱式の脱毛レーザーを導入しているので、比較的痛みが少なく、かつ業界内でもリーズナブルな価格で脱毛することができます。脱毛にかかるお金以外には余計な費用がかからないので安心して施術を受けていただけます。是非一度、無料カウンセリングにいらしてください。

    【記事監修】ウィクリニック 銀座院 院長
    秋田 護(あきた・まもる)

    医療脱毛なら業界最安クラスの ウィクリニック

    ウィクリニックの全身脱毛は月々3,200円から。クリニック独自で開発している医療脱毛機を利用しているため、業界最安クラスの価格を実現しました。

    料金・コースをみる