ビューティコラム

医療脱毛で毛穴の目立たない綺麗なお肌に近づける?

脱毛の基礎知識  2020.07.20

医療脱毛では、毛根にある発毛組織を破壊し、毛穴からムダ毛が生えてこないように施術を行います。これにより改善される可能性があるのが、黒ずみや埋没毛、ニキビなどの毛穴のトラブルです。毛穴の目立たないツルツルのお肌に近づきたい方は、ぜひ東京のウィクリニックへご相談ください。今回は、毛穴に関するさまざまなお悩みに、医療脱毛がどういったメリットがあるかをご紹介します。

さまざまな毛穴の悩み

「最近、お肌の黒いぶつぶつが気になる…」「毛穴が詰まってニキビができてしまった…」など、毛穴に関する悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。いくら丁寧にケアをしているつもりでも、体質によって毛穴のトラブルが起こってしまうこともあります。まずは、代表的な毛穴のお悩みや原因などについて、簡単にご紹介します。

黒ずみ・色素沈着

毛穴のお悩みで多く聞かれるのは、黒ずみ・色素沈着です。とくにお顔や手足など、目立ちやすい部分の毛穴が黒ずんでしまうと気持ちが沈んでしまう方も多いのではないでしょうか。

毛穴の黒ずみ・色素沈着の理由はさまざまですが、毛穴に汚れが詰まることが原因で黒くなってしまうことが多いといわれています。毛穴の詰まりを避けるためにはお肌を清潔に保つことが大切です。かといって、過度に洗顔をしたり頻繁にムダ毛処理をしたりすると、かえってお肌に負担がかかってしまうことがあります。

埋没毛

埋没毛とは、皮膚の下で伸びてしまった埋もれ毛のことです。何らかの理由で毛穴が閉じてしまうことで、ムダ毛が皮膚の表面に出られなくなった状態を指します。

埋没毛の主な原因はムダ毛の自己処理であるといわれています。とくに毛抜きやカミソリなどの使用は毛穴が傷つきやすく、埋没毛が起こることが多いようです。

埋没毛は、皮膚のターンオーバーによって自然と排出されていきます。無理に引き抜こうとすると皮膚が傷つき、炎症や化膿などを起こしてしまうため注意が必要です。

ニキビ

ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで生じます。症状が進むと炎症し、膿ができたり、ニキビ跡が残ったりすることも。完治に時間がかかるケースが多いのも難点です。

また、患部に刺激を与えてしまうと、ニキビは悪化してしまうことがあります。そのため、ニキビのある箇所はムダ毛処理がしにくいのもデメリットのひとつです。とくにムダ毛処理をこまめにしたいお顔や脇などにニキビができると、メイクやお洋服のチョイスに支障が出ることもあるでしょう。

脱毛すると毛穴が目立たなくなる?

ご紹介したように、毛穴にはさまざまなトラブルが発生することがあります。セルフケアのみでは、なかなか問題が改善しないことも多いでしょう。ただ、毛穴の問題は、脱毛施術で解決するといわれることがあります。脱毛施術は、毛穴にどういった影響を与えるのでしょうか。

脱毛による毛穴への影響

現在の医療脱毛は、レーザーを照射する施術が主流です。クリニックで行われるレーザー脱毛は、強いパワーで発毛組織を破壊し、ムダ毛が生えてこないようにする「永久脱毛」を行えます。

毛穴の中にムダ毛がある状態だと、カミソリやシェーバーで剃っても皮膚の下には毛が残ります。脇やVIOのように毛が太い部分は、とくに毛穴が目立ってしまうことがあります。永久脱毛によりムダ毛が根こそぎなくなってしまえば毛穴が目立ちにくくなり、ツルツルのお肌に近づけるでしょう。

ムダ毛がなくなることで毛穴が引き締まる

脱毛によってムダ毛がなくなると、自然と毛穴が引き締まっていく効果が期待できます。そうなると、さまざまな毛穴トラブルの原因となる皮脂や汚れの詰まりが起こりにくくなります。結果として、ニキビや黒ずみなどの改善につながることもあるようです。

脱毛が済むことでお肌への負担が減る

ムダ毛処理はお肌に少なからずダメージを与えます。とくにカミソリや毛抜き、ワックス、除毛クリームなどを使った脱毛は、お肌に大きな負担がかかるといわれています。毛穴トラブルを避けるには、ムダ毛処理の頻度を減らすことも大切です。

脱毛することで自己処理の回数が減ったら、お肌への負担が軽減できます。もちろん、脱毛施術が直接の治療になるわけではありませんが、埋没毛やニキビ、黒ずみなどの改善につながることも期待できます。毛穴にトラブルがある場合は、医療脱毛を検討してみるのがおすすめです。

毛穴のトラブルがあると脱毛できない?

脱毛施術はお肌へ負担を与える行為です。ニキビや埋没毛などの毛穴トラブルがある場合、脱毛施術を断られてしまうことがあります。ただし、安全に施術を進められる医療脱毛であれば、トラブルのあるお肌でも脱毛できるかもしれません。

施術の可否は条件によって変わる

脱毛施術ができるかどうかは、患者様のお肌の状態や、クリニック・サロンの方針によって異なります。まずはカウンセリングにて、実際にお肌の状態をチェックしてもらいましょう。

例えば脱毛したい部位にニキビができている場合、治りかけのものやニキビ跡がある程度なら、施術可能なケースが多くなります。反対に、化膿したニキビや炎症を起こしたニキビが広範囲にわたって発生している場合、施術を断られるケースが多くなるでしょう。その場合、ニキビ治療後に脱毛することになります。

毛穴トラブルがあるときは医療脱毛がおすすめ

エステサロンでの脱毛は、医療資格を持つ方が施術を行うとは限りません。万が一の事態が起こった場合の対処ができないため、毛穴トラブルのある方の施術は最初から断られることもあります。

クリニックによる医療脱毛では、医療資格を持つスタッフが施術を担当します。お肌の状態を見極めながらレーザーの位置や出力などを調整し、安全に脱毛を進めていくことが可能です。そのため、毛穴トラブルのあるお肌でも施術可能なケースが多く見られます。「黒ずみ・色素沈着や埋没毛、ニキビなどがあるけど脱毛をしたい…」という方は、脱毛クリニックへカウンセリングを依頼しましょう。

医療脱毛をするなら東京のウィクリニックへ!

ウィクリニックは東京の銀座と吉祥寺にある脱毛クリニックです。当院では、さまざまな肌質の方へ刺激の少ないレーザー脱毛施術を提供しています。毛穴のトラブルにお悩みの方はぜひ当院へお越しください。最後に、ウィクリニックのメリットをご紹介します。

女性スタッフが丁寧にカウンセリング

ウィクリニックでは、女性のスタッフが患者様一人ひとりのお悩みを丁寧にお聞きします。ムダ毛に関することはもちろん、毛穴トラブルがある場合も、遠慮なくお申しつけください。

もちろん、施術前には医師の診察で、お肌の状態をしっかりとチェックいたします。黒ずみやニキビ、埋没毛などの様子を見て、安全にレーザーを照射できるかを見極めます。

低刺激のオリジナル蓄熱式レーザー脱毛機を使用

ウィクリニックはオリジナルの蓄熱式レーザー脱毛機を使用しています。蓄熱式レーザー脱毛機は毛根のバルジ領域という部分にアプローチし、お肌をじんわりと温めます。従来の単発式レーザー脱毛機と比べ、低刺激で痛みが少ない点がメリットです。お肌の状態によりますが、ニキビがあるときも照射できる場合があります。お肌への刺激が気になるという方は、ぜひウィクリニックのレーザー脱毛をお試しください。

おわりに

東京の銀座・吉祥寺で脱毛するならぜひウィクリニックへ。当院では、さまざまなお肌の状態の患者様に脱毛施術を行っています。毛穴のお悩みがある場合も、カウンセリングでお気軽にご相談ください。女性スタッフが、一つひとつの疑問に丁寧にお答えいたします。

【記事監修】ウィクリニック 銀座院 院長
秋田 護(あきた・まもる)

医療脱毛なら業界最安クラスの ウィクリニック

ウィクリニックの全身脱毛は月々3,200円から。クリニック独自で開発している医療脱毛機を利用しているため、業界最安クラスの価格を実現しました。

料金・コースをみる