ビューティコラム

汗の気になる季節は脱毛しておくと安心? 体臭を抑えるためのポイント

脱毛の基礎知識  2020.07.20

夏になると汗をかく機会が増え、体臭が気になることも多くなります。体臭の改善方法はいくつかありますが、脱毛してムダ毛を少なくしておくこともニオイの予防につながることがあります。気になる方は、ぜひウィクリニックの医療脱毛をお試しください。今回は、脱毛と体臭の関係や、脱毛することのメリット、個人でできるニオイ対策などをご紹介します。

脱毛すると汗をかきやすくなる?

脱毛をしておくと、暑い季節も着るものを選ばず、自由なファッションを楽しめるメリットがあります。ただし、脱毛後は汗の量が増えるという意見を見かけた方も多いのではないでしょうか?「せっかく脱毛しても汗が目立ってしまうなら意味がない」と思われるかもしれませんが、実は、脱毛は汗の量と直接関係があるわけではありません。まずは汗の出る仕組みや、脱毛と汗の関係についてご紹介します。

汗の出る仕組み

人間は体温調節や精神的な緊張など、さまざまな理由で汗をかきます。汗が生じるのは皮膚にある汗腺と呼ばれる部分です。汗そのものはほとんど無臭ですが、皮膚の表面の雑菌と混じることでニオイが出て、独特の汗臭さが生まれます。

脱毛と汗の関係

脱毛施術は汗腺への影響はほとんどないため、汗の量に直接かかわることはないというのが定説です。ただ、脱毛直後に汗が増えたと感じる方も少なくありません。原因は以下のように考えられています。

ムダ毛がなくなって汗が流れやすくなった

ムダ毛のある状態だと、汗腺から流れ出た汗が毛を伝って流れていきます。脱毛してムダ毛がなくなることで汗が直接服についたりお肌へ流れ落ちたりするため、発汗量が増えたように感じることがあるようです。

精神的な理由から汗をかいてしまう

汗は緊張や不安などによっても発生することがあります。脱毛後の汗の状態を気にしすぎていると、かえって汗の量が増えてしまうことがあるようです。汗のことは気にしすぎず、いつも通りの気持ちで過ごすことが大切です。

脱毛と体臭の関係とは

体臭にお悩みの方は、脱毛してムダ毛をなくすことで改善することがあります。脱毛と体臭にはどういった関係があるのでしょうか。簡単にご紹介します。

体臭の原因

体臭は、皮膚の常在菌が汗や皮脂などを分解することによって生じると考えられています。汗や皮脂の分泌は人体に必要な機能ですが、過剰になると強いニオイの原因になることがあります。脱毛によって汗の影響を少なくすれば、強い体臭を改善する効果が期待できるかもしれません。

脱毛による体臭への影響

ムダ毛の生えている部分は蒸れやすく、雑菌が増えやすいのが特徴です。ムダ毛のある場所に汗をかくと、とくにニオイが強まりやすい傾向があります。

脱毛してムダ毛がなくなればお肌が蒸れにくくなるため、ニオイが改善することがあります。体臭が気になる方は、汗をかきやすい季節に備えて脱毛しておくのがおすすめです。

汗の気になる季節におすすめの脱毛部位

ムダ毛を脱毛すれば汗をかいても蒸れにくくなり、強いニオイが出にくくなる効果が期待できます。こちらでは、汗の気になる季節に脱毛しておきたい部位をご紹介します。

脇は「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺がたくさんあります。アポクリン腺から出る汗は、雑菌に分解されると独特のニオイを放ちます。そのため、脇から放たれる体臭を気にする方は多いようです。

脇脱毛をしておけば汗をかいても清潔な状態を保ちやすくなります。汗によるニオイの影響も軽減できるかもしれません。

VIO

脇と同様、デリケートゾーンにもアポクリン腺が多数存在します。下着をつけるためどうしても蒸れやすく、汗のニオイが強まりやすいのも特徴です。

VIO脱毛してムダ毛が少なくなれば、デリケートゾーンが蒸れにくくなります。プールや海へ行くときも、デザインを気にせず幅広い水着が着られる点もメリットです。

背中

背中は皮脂の分泌が多く、ニオイが強くなりやすい部位のひとつです。過剰な皮脂分泌が起こらないようお肌のケアをすると同時に、脱毛してムダ毛を減らすことで、ニオイ対策を行ってみましょう。

胸・乳輪周囲

乳輪はアポクリン腺の多い部位です。汗をかいたまま放っておくと、強い体臭の原因になることがあります。また、胸は汗がたまりやすく、下着のなかで蒸れてしまうことが多い部分です。脱毛しておけば汗によるニオイも少なくなるでしょう。

医療脱毛でムダ毛をなくそう

脱毛をするなら、短期間で高い効果の出る医療脱毛がおすすめです。医療脱毛には以下のようなメリットがあります。ぜひ医療脱毛で脱毛し、暑い季節も快適に過ごせるお肌を手に入れましょう。

医療脱毛のメリット1:永久脱毛ができる

医療脱毛は、レーザーを照射して毛根を破壊する永久脱毛が行えます。永久脱毛は医療行為にあたるため、クリニック以外では施術を受けられません。エステ脱毛の場合は永久脱毛ではなく、あくまでも一時的な減毛や抑毛が行われます。

ただし、永久脱毛といってもすべてのムダ毛が完全になくなるわけではありません。永久脱毛の定義はさまざまですが、アメリカ電気脱毛協会によると「最後の脱毛から1カ月後の毛の再生率が20%以下である」状態を永久脱毛と呼ぶようです。

医療脱毛のメリット2:短期間で終了する

医療脱毛は、1回の施術でハイパワーのレーザーを照射します。個人差はありますが、レーザーの照射が5回ほど済めば、ほとんど自己処理のいらない状態になったと感じる方が多いようです。部位や毛質によっては、それ以上の照射を行うことで、さらに納得のいく状態に近づけるでしょう。汗をかく季節に間に合わせたい方は、ぜひ短期間で高い脱毛効果を得られる医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛のメリット3:安く施術できるクリニックが多い

医療脱毛でお肌をツルツルにしたいものの、料金面が気になって契約できないという方も多いのではないでしょうか。医療脱毛はエステ脱毛よりも効果が高いものの、その分費用もかかるというのが一般的でした。

ただ、現在では安価に施術できるクリニックが増えています。気になる方は、ぜひお近くのクリニックの料金をチェックしてみましょう。

個人でできるニオイ対策

体臭は、さまざまなことが原因で強くなっていきます。脱毛に取り組みながら、食生活や運動習慣の改善なども行っていきましょう。最後に、個人でできるニオイ対策をご紹介します。

食事内容の改善

食事の内容は、汗のニオイに影響するといわれています。とくに肉やお酒、辛いもの、お菓子などをたくさん食べるとニオイが強くなりやすい傾向にあります。食事内容が偏っている場合は、バランスを見直してみるのがおすすめです。

運動習慣をつける

運動不足になると汗のニオイが強くなりやすいと考えられています。運動習慣のない方は、体を動かす機会を増やしていきましょう。運動習慣は長続きさせることが大切です。歩く距離を伸ばす、家事の際に大きく体を動かすなど、できることから始めていきましょう。

お肌を清潔に保つ

体臭が強まるのを防ぐには、お肌を清潔に保つことが大切です。汗をかいたらできるだけはやめにふきとりましょう。ジムでの運動後や帰宅後などは、すぐにシャワーを浴びます。体を洗うときはお肌を強くこすりすぎず、石鹸を泡立てて優しく洗いましょう。

おわりに

気温が上がってくると、汗や体臭が気になる方も増えてきます。脱毛してムダ毛を減らし、汗による体臭の影響を軽減しましょう。東京にて医療脱毛をするなら、ぜひウィクリニックをご利用ください。当院は東京の銀座・吉祥寺とアクセスの良い場所にあります。ホームページやLINEなどから、いつでもお気軽にお問い合わせください。

【記事監修】ウィクリニック 銀座院 院長
秋田 護(あきた・まもる)

医療脱毛なら業界最安クラスの ウィクリニック

ウィクリニックの全身脱毛は月々3,200円から。クリニック独自で開発している医療脱毛機を利用しているため、業界最安クラスの価格を実現しました。

料金・コースをみる