医療脱毛について

ウィクリニックは
「医療脱毛」です。

医療脱毛とエステ脱毛(光脱毛)の大きな違いは、使用する脱毛機器が違うこと。また、医師が常駐しているため、万が一施術中や施術後にトラブルが発生しても、適切な処置や治療を行うことができます。このため、照射出力値が高い脱毛機器を使用することが許可されています。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

一般的なエステ脱毛(サロン脱毛)との違いをご説明します。

ウィクリニックの
医療レーザー脱毛
一般的な
エステ脱毛
施術回数約5回で完了!10回以上
施術期間レーザー出力が高いので
最短6ヶ月でキレイに!
光出力が低いので約2年以上
終わらない可能性も…
医師の診断医師の診断がある医師の診断がない
照射国家資格を持った
専門スタッフが照射
資格がなくても
施術ができる
アフターケア万が一の肌トラブルには、
追加料金なしで
診察・お薬を処方
肌トラブルの際は
別途病院にかかる必要がある
痛み痛いのが苦手な人にも
対応可能
な機器を選択!
光出力が低いので
痛くない

脱毛にはリスクもあります

施術後の赤み・ヒリヒリ感

毛根周辺の皮膚が熱によって軽い炎症を起こしてしまい、赤みやヒリヒリ感、腫れを起こしてしまう可能性があります。皮膚の薄い部分、濃い毛が生えている部分(VIOやワキ)は赤みが出やすい傾向がありますが、ほとんどの場合当日~3日程度で症状は良くなることが多いです。

毛嚢炎(もうのうえん)

ニキビのような小さいぶつぶつが肌に現れる皮膚炎です。脱毛によって毛包が傷つき、常在菌であるブドウ球菌に感染することで発症します。皮脂の分泌が多い、顔や背中などの部位で発症しやすいと言われています。

増毛・硬毛化

脱毛したことにより、毛が増えたり、硬くなったりして見える現象です。産毛などの毛が細く薄い部位に起きやすいとされています。

やけど

毛の太さや肌の色、肌の状態など一人ひとりに合わせて照射出力を設定しておりますが、まれにやけどの症状が見られる可能性がございます。

ウィクリニックなら完全無料保証

施術後の赤み
ヒリヒリ感
もうのうえん
毛嚢炎
やけど
  • 診察料
  • お薬代
  • 追加照射料
¥0

ウィクリニックでは、万が一施術後にトラブルがあった場合、最優先で対応させていただきます。医師が責任をもって、診断・治療を行います。もちろん、処方するお薬代は無料です。

だから追加料金一切なしのウィクリニックがおすすめ

その他にもウィクリは魅力がいっぱい

強引な勧誘は一切ございません

ご契約時の料金以外は
一切かかりません

施術はすべて医療従事者が対応

仕事帰りでもOK
20時まで施術可能!

完全個室でプライバシーを
お守りします

パウダールーム完備!

脱毛に関するよくある質問

どれぐらい通えばいいの?

当院の医療脱毛では、5回を目安としています。

脱毛の施術は、毛の生え変わりのサイクル「毛周期」に合わせて行う必要があるため、2~3ヶ月に1回の頻度で合計5回を目安に施術を行います。

1回の脱毛にかかる時間はどれぐらい?

施術時間は施術範囲で大きく異なります。片方の脇のみでしたら、30秒ほどで完了します。

また、当院で採用している蓄熱式脱毛器は冷却しながら照射できるため、施術時間を短縮できます。

施術の痛みはどれぐらい?

当院で使用している蓄熱式脱毛機は、肌をじっくり温めながらバルジ領域にダメージを与える仕組みです。

肌へのダメージを大きく抑えられるため、強い痛みを感じるケースはほとんどありません。

脱毛できない場合はある?

施術部位を怪我していたり湿疹や炎症が起きていたりする場合は、治るまでは施術を受けていただけません。

そのほか、医師の判断で施術ができない場合もございます。

施術前は何に気をつければいいですか?

施術前は、日焼けや間違った自己処理による肌トラブルにご注意ください。

毛抜きで毛を抜くと、脱毛効果を正しく得られなくなる可能性がございます。また、肌トラブルが起きて照射できなくなる場合もありますので、必ず電気シェーバーで処理をしてください。

エステ脱毛から医療脱毛に切り替えることはできますか?

はい、可能です。

エステ脱毛に使用する脱毛機は、医療脱毛よりも低出力です。そのため、医療脱毛に切り替えることで、比較的早く脱毛できる可能性があります。